まい創りを考える     TOM建築設計事務所

Googleサイト内検索
住まい・家の目的について考え、個室や子供部屋の必要性や、家族の関係を密接にする小さな家のメリットについてご説明します。|ローコスト住宅・低価格家作り・低価格設計・広島・建築・設計・ローコスト・住宅・古民家・リフォーム・TOM建築設計事務所

住まい創りとは

◇住まい、家とは何か?◇

☆「家」ってなんでしょう??

「家」ってなんでしょう??|住まい創り(住まい作り)とは
建物はそれが使われる目的で名前がかわります。
たとえば、

バスが入り、それに人が乗車する、たてもの=バス停留所
生徒が学ぶ、たてもの=学校
裁判が行われる、たてもの=裁判所  etc・・・

家は寝るところ!って言ってる方 多いのではないでしょうか?
それはホテルや旅館です。

では、ご飯を食べるところでしょうか? いえそれはレストランや食堂です。
 

じゃあ、「家」ってなんだろう??

それは単純に 「家族」が幸せに暮らす建物 です。

住まい創り とは、「家族」が幸せに暮らす建物を 愛情 込めて創造する行為です。 

◇小さな家◇

家族を近くに感じる小さな家|住まい創り(住まい作り)とは
決して○坪と言った数値を言ってる訳ではありません。

大きくしない! その理由は何なんでしょう? それには3つあります。

1つはコストのため。安価がイイに決まってる。
1つは環境のため。資源の無駄使いにならないように。
 

そして 家族のため。

大きい方が自由に動き廻れると思われるかもしれません。

「家」とは「家族」が幸せに暮らす建物。
単に、家族がバラバラにならない為に、小さくあるべきなんです。

家族とは、あくまでも個人と個人の集合体です。
化学で言えば原子と原子の結合による分子です。
分子間のひきつける力は、その距離が、近ければ近いほど強くなります。
 

◇デジタル化時代◇

デジタル化時代に対応した住まい創り(住まい作り)とは
その昔 カラーテレビ 洗濯機 冷蔵庫 が
三種の神器だった頃から比べると どれだけデジタル端末機が増えたことでしょう。
 

では、電話を1つに例えましょう。

皆さんのご家庭では電話は何台ありますか?そう、ケータイ電話です。

その昔玄関に黒電話が1台あったころ・・・
1階から母親が「○○クンから電話よ〜っ」と 大声で呼んでくれていました。
たとえ、母親と大ケンカしていようとも 顔を合わさなければいけない、
いやでも個人から家族にならざるを得ない時代でした。

要するに自然に強い結合力が生まれる時代だったのです。
 

が、現代ではどうでしょう?

当然のごとく個人が電話をもつ時代で、1階から大声で呼ぶ母親の姿は、もはや存在しません。
あの時代から見ると結合力は、ゼロです。電話(たかが電話です)1つとっても、この状況です。

じゃぁ ケータイ電話を持たなければイイ?  いえ。
これも時代で 防犯上の面からみても、どうしても必要です。塾帰りの子どもには電話をさせ必ず迎えに行きます。親の務めです。

わずかな距離でも恐ろしい事件が数多くおこってます。
「不信人物出現」ってなんど聞いたことでしょう。ほんとに恐ろしい時代です。

電話を例えにしましたが、この様な場面が家の、いたるところで表れてきます。
家族の関係を密接にするためにも小さくあるべきです。


◇個室とは、子供部屋とは◇

個室とは、家族として顔を合わす必要のない室。

子供部屋は個室の必要はありません。|個室とは、子供部屋とは|住まい創り(住まい作り)とは
具体的には極端ですがWCのみです。 
しかし実際のところ洗面・浴室に主寝室です。 
この3室が個室です。

子ども部屋は個室として必要ありません

少なくとも社会人になり、そこが寝室と変わるまでは。
その時は同居人が1人増えた!!って感じでしょう。

ヨーロッパでは、子どもは人間でなく動物だと考えられてるそうです。
ですから、親の第一の義務は人間レベルまで引き上げることだと・・・・

なにをやってるか分からない様、最初から壁で囲う必要はありません。
コーナーさえあれば充分と思いませんか?
 

何故、子ども部屋として必要とされるのでしょう??

答えは「勉強するため」

東大をトップとする明治以来の学歴制度社会があり、それに勝ち残るために必要と錯覚しているのでしょう。
それには机と本棚があればいいのです。

静かな環境を気にされるでしょうが
少々窮屈がある事は当然なのです! 

それは家族は社会の最小単位だからです。





Copyright(C) 2007〜 TOM ARCHITECT ASSOCIATES. All rights reserved.